KIMONO AGENCY
9月122013

ミス・ユニバース・ジャパン プレスリリース、ナショナルコスチュームお披露目!

PDF印刷メール
著者: 管理人

2013年度ミス・ユニバース日本代表の松尾幸実(25)の世界大会に向けた壮行会(プレスリリース)が12日、

東京・椿山荘ホテルで行われました。

弊社 コスチュームデザイナー押元末子がデザイン&製作を担当したナショナル・コスチュームのお披露目です!

大会の見どころの一つともなっている、各国の代表が身にまとうナショナル・コスチュームは、

自国の文化・伝統・民族性などをモチーフに、さまざまなアイディアを盛り込んだ衣装で審査員にアピールします。

 

“日本の素晴らしい伝統を尊重し、その品格を残しつつ、モダンにアレンジ”

日本が誇る、世界で最も美しい衣装 “十二単”。この十二単をモチーフに、裾は本来の着物の形を崩し、斜めに切り、斬新な形に仕上げました。

着物は、どこで着ても引き立つ黄色をベースに格調高い鶴と松の木がデザインされた打ち掛けの生地を選び、鶴が栄光に向かって羽ばたくイメージと、そして松尾幸実さんが世界に向かって羽ばたくイメージを重ねました。鶴と松には、600個以上のクリスタルをあしらい、スポットライトを浴びることによって、それらが光り輝きます。

黒地のシンプルな帯を使用し、帯結びはモードにアレンジ。又、ヘアも和とモードを融合させ、帯とヘアのデザインに統一性を持たせました。

背中には檜扇(ひおうぎ)をイメージした大きな扇に、日本の花の代表“桜”の一本木をデザインしました。後ろ姿は、桜の木からテールに掛けて花びらが舞っている様子です。桜の花にもクリスタルを埋め込み、松尾さんがステージ上で舞うとすべてがブレンドされ、より一層輝きを増します。また、ドレスは、扇とテールを外すと、優美なイブニングドレスとしても着ることができます。

 
プレスリリースの裏側をすごし公開
背中の扇をとったバージョン
 
プレスリリース会場に入る直前にコスチュームの最終調整をする押元
 
松尾さん頑張って〜!
 
プレスの皆さん、お越しいただきありがとうございます!
 
 
松尾さんは「気品と私の良さを出すようにしていただいた。どの国にも負けないくらいの華やかさだと自負している」と自信を語りました。
 
世界大会は11月9日(現地時間)にモスクワの「クロッカスシティホール」で開催されます。
 
絶対松尾さんが優勝できますように!
 
 
オフィシャルフォトがこちらです。
 
 
 
 
掲載ニュースの一覧
 
動画はこちら
 
押元末子のオフィシャルウェブサイトはこちら
オフィシャルブログはこちら
押元末子の着物スタイリング写真集 好評発売中!こちらから
更新:11月282013
Home プロジェクト 日本代表ナショナルコスチューム ミス・ユニバース・ジャパン プレスリリース、ナショナルコスチュームお披露目!

Copyright © 2017 SUEHIRO AGENCY, Inc. All rights reserved.